難聴でピアノの音が耳ざわりなので売りたい

ストレス社会の現代。
ストレスからくる病に悩む方も少なくはありません。
ある日突然耳が聞こえづらくなる、突発性難聴もそのひとつ。
それまでは何でもなかった音、心地よかった音すらも不快に感じる病気。

ピアノの音も、例外ではありません。弾くことはおろか、聞くことも出来ない…。それでは、ただ辛いだけですよね。
大切だったピアノの売却をお考えであればぜひ心からご納得いただける方法を選んでいただきたいと思います。

同じピアノであっても業者によって買取価格に違いが出てくる

ピアノのメーカー、購入年数、製造番号、色、欠陥部品や損傷の有無など
同じ条件であったとしても業者ごとで共通している基準というものがなくあくまでも“その会社の基準”という判断になるためA社とB社で、提示価格に数万円の差が出ることはもちろんC社では「買い取り不可能」という返答だったピアノがD社では買い値がつく…ということだってあり得るんです。

また、引き取りに関しても引き取り費用が発生する業者もあれば、無料で引き取ってくれる業者もあります。

マンションでは引き取りの際にクレーン者が必要ば場合もある

そのため、ピアノを買い取ってもらうということに際し見積依頼をする場合は1社だけではなく、何社かに連絡してみるのが良いでしょう。
いくつかの提示価格やサービス内容を比較検討することで所持しているピアノの相場も分かりますし

本当に納得でき、安心して任せられる業者に決めることが出来るからです。

大切にしていたピアノだからこそただ処分するというよりは、新たに使ってくれる方にバトンを渡せたら良いですよね。

そういった意味でも、あなた自身がご満足いただける業者を選び買い取ってもらうようにしてくださいね

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.