ピアノのレッスンをしてくれる先生が近所にいない

子供がピアノを習っているため、思い切ってピアノを購入。
にも関わらず、引っ越した先にはレッスンをしてくれる先生がおらず習い続けることが出来ない…。

ただただ、場所だけを取るのピアノ。
それじゃあ宝の持ち腐れですよね。
思い切って手放すことを決めたものの、未使用のピアノを処分する経験なんてほとんどの方がないでしょうからどのような選択肢があるのか、どのような段取りを踏むのか、全く未知の世界であると思います。

ピアノの引き取りは引き取り料金が発生してしまうことも

その名の通り、不必要になったピアノを“買い取り”という形であなたから引き取ってくれる方法ですが
廃棄処分と違い、廃棄料金が発生するどころか不要なピアノに買い値がつく可能性があるわけですからこんなに嬉しいことはありませんよね。

ピアノを買い取ってもらうには、まず買い取り業者から見積を出してもらうことが必要です。

見積には、ピアノの詳細情報が必須ですのでピアノのメーカー、型番、購入年数、欠陥部品・傷の有無などのは事前に確認しておきましょう。
業者によっては、プラスアルファで必要事項があるかもしれませんが

上記に関しては確実に聞かれますので、前もって調べておくとスムーズです。
これらの情報が揃ったら、買い取り業者と連絡を取りましょう。

査定の方法はインターネットが便利全国どこからでも査定の申し込みができます

電話やインターネットなど、方法は色々とありますが
最近はほとんどがインターネット経由だと言えます。

また、インターネット上からの見積依頼の場合
一括で複数社からの見積を取り寄せられるサイトもありますので

買い取り価格を比較し、検討することも出来ますよ。
上手に活用しながら、納得のいく方法を選んでくださいね。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.