調律しているけど使っていないピアノは今が売り時|調律費用の無駄です

我が子が小さかった頃、習っていたピアノ。

今となっては誰も弾いていないけれど、放っておくわけにもいかないし、
年に1回、調律だけは依頼している…。

そんなご家庭も多いかと思います。

調律費用は、1度につき大抵1万円以上はかかりますよね。

1年に1度の調律を10年続ければ、10万円以上。

誰かが弾いているならともなく
誰も弾いていないピアノを調律し続けるのは
何だかもったいない気がしませんか?

今後も誰かが弾く予定もなく、手放すことも視野に入れているのであれば
ぜひ、買い取り業者への依頼を検討してみてください。

ピアノを高く買い取ってもらうには・・・

中古ピアノの需要は年々高まっています。

それに伴い、買い取り業者でも
高額で買い取ってもらえる可能性が高いです。

ピアノ買い取りの際、ほとんどが業者からの見積をもらうことから始めますが
その査定においては
どこのメーカー製のものか、製造年数や製造番号、故障箇所・欠陥部品の有無など
様々な部分を加味して見積価格をつけていきます。

そして、その保管状態も非常に大切です。

調律が既にされていたり、マメに手入れがされてあるピアノは
高値がつく場合が多いでしょう。

買い取られたピアノは、ほとんどの場合
中古ピアノ販売店へと引き渡される前に
買い取り業者のメンテナンスやクリーニングが施され
最終的には調律まで行われますが
その必要がないということは、その分高額になる可能性があるためです。

調律をどれだけしていたとしても
誰も弾かないままのピアノなのであれば、宝の持ち腐れ。

結果的に、費用ばかりが発生してしまうことになりますよね。

それならば、弾いてくれる人・必要としている人に渡すべく
業者に買い取ってもらうというのも
1つの手段ではないでしょうか。

コメントを残す