孫が男の子ばかりで使わないピアノを売りたい

「娘が昔習っていたピアノを、いつか孫たちも習ってくれたら…。」
そんな夢があり、誰も使っていないにも関わらずずっと処分せず、適度に手入れしながら置いてあったピアノ。
でも、生まれた孫は男の子ばかり。ピアノよりもサッカーや野球にばかり興味があり習い事をする気配もない…。

これじゃあ宝の持ち腐れだし、管理するにもお金がかかるし、手放してしまおうかな?とお考えの方にはピアノ買い取りをご紹介します。

単なる処分と違い、買い値がつくだけではなく大切にしていたピアノを、中古ピアノという形で次に大切にしてくれるオーナー様へとお譲りすることができる。ただ処分・廃棄してしまうより、何だか有意義な気がしますよね。

ピアノ買取の段取りがイマイチわからい

では、実際にピアノを買い取ってもらう場合どういった段取りで進めていくのでしょうか?

1:まず最初に行うのは、買い取り業者への見積依頼。

ピアノのメーカーや購入年数、製造番号、故障・傷の有無を伝え・買い取り可能なピアノなのか?

買い取ってもらえるとしたらいくらになるのか?を査定してもらいます。見積が手元に届いたら、ただ金額だけをチェックするのではなくピアノを引き取ってもらう際に費用が発生するのか、引き取り後のメンテナンスも行ってもらえるのか、その場合の費用も必要なのか、などを併せて確認しましょう。

全ての項目に目を通し、納得できるようであれば契約、そして引き取り日程を決めていきます。これが、ピアノ買い取りの一連の流れになります。

特に難しいことは何もありませんよね。見積の依頼に関しては、無料で請け負う業者がほとんどですので自分のピアノの価値を知るという意味でも

まずは試しに見積依頼をしてみると良いですよ。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.