古くなったのでピアノを買い替えしたい

昔からおいてある、誰も使っていない古くなったピアノ。
修理しようにも、あちこちの痛み具合を見ていると多額の修理費がかかるのは目に見えているしせっかくなら、新しいピアノに買い替えたい。
今あるピアノは、買い取ってもらえればありがたいけどこんなに古いんじゃ、値段なんかつかないだろうし

処分するしかないかもなぁ…

そんな風に諦めて処分してしまうのは、まだ早いですよ。
確かに、ピアノを買い取る前の査定において購入年数・製造年数は大切な項目の1つ。
ただし、最近買ったばかりでも破損部分が多ければ、買い取ってもらえない場合すらあります。

保管状態次第では古い=買い取り不可能、というわけでは決してありません。
買い取られたピアノは、その後中古ピアノ販売店などへと引き渡されますがその前に必ず、買い取り業者によるメンテナンスが行われます。

そこで、長年にわたり自宅に置かれていたがゆえについた傷や破損部品などを補修し溜まったホコリの除去、調律まで行った上で元の状態に近い形にまで再生していきます。そういったことも、買い取り価格に含れているサービスとして提供している業者も多いですから「古いから」「壊れているから」「汚いから」と言って買い取ってもらうことを諦めなくても大丈夫です。

いったいいくらで買い取ってもらえる可能性があるのか見積の依頼だけでもしてみてはいかがでしょうか?

その場合は、複数の業者に見積依頼をして価格やサービス内容を比較検討し、その上で契約すればさらにご納得・ご満足していただける形で引き取ってもらうことができるでしょう。

今あるピアノを、賢い方法で手放し新しいピアノを買う資金の足しになれば尚良いですよね。

コメントを残す