使わなくてもメンテナンス費用がかかるのでピアノもういらない

ピアノのメンテナンス費用って、意外と高額ですよね。
使わないからと言って放っておくと、たちまち音が狂ってしまうし調律費用は、1回1万~1万5000円ほどかかってしまう。
また、保存環境も手を抜くことが出来ず乾燥しすぎてもダメ、湿気が多くてもダメ、と意外と手がかかります。

修理しても誰も弾かないピアノをこのまま放置するのは査定金額を下げている行為です

それならば、思い切って手放してしまいたい!
だけど、長年にわたり未使用に近いこのピアノを買い取ってくれる業者なんて果たしてあるのだろうか?
そんな風にお考えの方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、ピアノを買い取る業者は実際に物を引き取ったあと、故障していたピアノであってもそれを再生していく手腕を持っているんです。
音程が狂っていないか、鍵盤やペダルなどは全て揃っているか、そういった基本的な検査を行った後もし何か不具合があれば、ピアノの内部や鍵盤を全て分解し長年放置していた際に溜まった汚れやホコリなどを除去します。

手放した後、大切なピアノはどうなってしまう?

傷の補修や、ワックスなどによる研磨を行い、新品と相違ないほどの状態にまで仕上げていきもちろん調律も行い、新たに中古ピアノ購入市場へと出回っていくことになります。

どんな状態にあるピアノであっても場合によっては、こういった再生方法を取り入れていくことで新たにピアノを欲している方のニーズに応えられる製品へと生まれ変わることができるんです。

もちろん、少しでも購入年数・放置年数が少ない方が状態良く引き取ることが出来ますから
再生する手間も省け、その分高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

使っていない、不必要なピアノなのであれば必要としている人へと渡すことが得策だとは思いませんか?

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.