ピアノを調律しても音が濁っているので売りに出したい

どれだけ調律しても、ピアノの音程が変…。
何だか濁って聞こえてしまう…。

それは、ピアノが湿気、もしくは乾燥によるものかもしれません。
家庭内でのピアノの故障の多くは、湿度などの環境のせいということが考えられます。

ピアノの管理にも最適な温度環境が必要なのをご存知ですか?

誰も弾かない状態であっても、何かしらのお手入れを続けないといつでもキレイな音が鳴る状態で所持していくのは難しいんです。
費用ばかりが掛かってしまいますし思い切って売却することを検討される方もいるかもしれません。

とはいえ、こんなに音が濁った状態のピアノを買い取ってくれる業者なんているのだろうか?と不安になりますよね。

問題ありません

買い取り業者は、例え何かしらの不具合があるピアノでも買い取った後にきちんと再生していくことが出来るんです。
傷の補修、欠陥部品の補てん、クリーニング、最終的にはきちんと調律も行った上で、中古ピアノの買い取り市場へとまわっていきます。
音が濁っているのは温度環境以外に、鍵盤に何かしらの問題がある可能性がありますから鍵盤部分も分解し、1つ1つ丁寧に磨き上げ研磨なども行った上で、ピアノ本体へと戻していきます。

もちろん、どの程度の音の濁りなのか?にもよりますしその他の保存状態によっては買い取り不可能と言われてしまうかもしれませんがだからと言って、すぐに諦める必要はありません。

1社が買い取り不可能という査定結果でも別の業者であれば、買い取ってもらえる可能性も大いにあるからです。

実際に買い取ってもらうのであれば事前に買い取り価格の見積を出してもらうというのが一般的ですが

その際、複数社に見積依頼をすると良いでしょう。

コメントを残す