ピアノを使わないので査定が高ければで売りたい

不要になったピアノを手放すと決めた方の中には
「このピアノを買い取ってもらいたい」と考えている方もいらっしゃることでしょう。
そして、どうせなら少しでも高値で買い取ってもらいたいものですよね。
では、同じピアノであっても査定する買い取り業者によって、提示される見積価格に差異が出てしまうことがあるのをご存知ですか?

理由は簡単です

業者によって、所持している中古ピアノの在庫数も違いますし取引している中古ピアノ販売店等の顧客も違ってきます。
ですから、業者それぞれの判断基準もおのずと変わってくるのです。

例えば、所持しているのがYAMAHAのグランドピアノだった場合。
A社では、取引先がグランドピアノ、特にYAMAHA製を望んでいるので高値の見積だったけれどB社では、アップライトピアノの需要が高いために

想像以上に安い見積だった…。

こういったことも、十分にあり得ます。とはいえ、これらの情報は開示されているものではありませんから実際に見積依頼をしてみるまで
どの程度の売値が付くのか分からない、というのが現状。

こういった点から、もしも買い取りを検討しているのであれば複数の買い取り業者へと見積を依頼するのが得策でしょう。
そうすれば、見積価格を比較検討することができるので

価格にも、サービス内容にも、満足できる業者へと依頼することが出来ますよね。

ピアノは、初期投資も高額なものですから少しでも高く買い取ってもらえたらありがたい…というのが本音のはず。

そして、手放すことを決めたとはいえ大切なものには変わりないですよね。

色々な業者から話を聞き、査定してもらい
心から納得できる業者に、納得できる形で引き渡してくださいね。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.