ピアノの修理費が高いので下取りにだしてみたい

誰も弾かず、誰も触れておらず、ずっと放置されていたピアノ。
久しぶりに弾こうと思ったら調律されていないわ、音も濁っているわの状態。
普通であれば、ここで修理業者に依頼をしますよね。ところが、修理費用を見積もってもらったところあれもこれも、と費用がかさんでしまいとんでもない高額な見積が届いてしまったら…修理を諦め、手放すことも考え始めるでしょう。

思い切って、下取りに出してみようか?とお考えでしたら心から納得される形で買い取ってもらえる買取業者をしりたいですよね。

ネットでのピアノ買取見積もり依頼は全国どこからでも可能です

まずは、見積依頼。

実際にピアノを買い取ってもらう前にそもそも買い取り可能なピアノなのか、買い取れるのであればいくら位になるのか、を知るべく査定・見積依頼をするのがスタンダード。
このとき、気を付けるべきなのが見積依頼をする業者の数です。
ピアノを買い取るための査定基準というのは実は、各社共通ではありません。

それぞれの会社に、それぞれの基準があり、それに基づいて金額をつけているため同じピアノでも、買い取り業者によって見積金額が違う…ということも珍しくありません。

複数の業者に依頼をするのがベスト

3~5社程度依頼をすれば、自分のピアノの相場も分かりますしその中から、より高額な業者を選ぶ…ということも可能です。また、買い取ってもらうことが決まっても油断は禁物。

実際にピアノ現物を目の当たりにし見積よりも価格が下がる…ということもあり得ます。理由としては、査定の際にヒアリングしていた内容よりもピアノの状態が悪かったという場合がほとんど。

査定の際、少しでも高値をつけてほしくて虚偽の内容を伝えるというのはもってのほかですし指紋を拭き取ったり、ゴミやホコリを除去したり、
引き取りの日までに、自分でもできることはやっておくと良いでしょう。

大切なピアノだからこそちゃんと満足できる形で手放せるようにしてくださいね。

コメントを残す